ホーム > トレンティーノ・アルト・アディジェ州ワイナリー
トレンティーノ・アルト・アディジェ州 姉妹サイト >>
現地イタリアから、
イタリアワイン情報を発信します。
vino vino vino.com
01.

Rosi Eugenio  ロージ エウジェニオ

若きオーナー、エウジェニオは、ヴォラーノ市近郊の数軒のワイナリーでエノロゴになるための修行を積み、自らワインと自然への情熱を確信した後、独立した。畑を愛する彼は、ぶどうの良さを最大限に表現できるように、ぶどうの生産量と土地がぶどうに与えられるエネルギーのバランスを保つことをモットーとし、ぶどう内のポリフェノールを完熟させてから収穫する。

02.

Tenuta Waldgries テヌータ ヴァルドグリエス

 父・ハインリッヒ・プラットナーと、その息子クリスティアンが彼らの7ヘクタールの畑とカンティーナを管理。スイスで瓶詰めの研究をしたハインリッヒの代から元詰めのワイナリーを立ち上げ、現在のワイナリーは息子のクリスティアンに世代交代。ドイツで醸造学を学んだ彼がワイナリーの舵を取る。彼らの進める「改革」は、ぶどうの栽培方式をペルゴラからグイヨーに変えること。そして厳選した酵母を使用し、それぞれのぶどう品種にあった環境で醸造を行うことである。ぶどうの特徴を上手く表現したラグレイン、カベルネ・ソーヴィニョンは彼らの前向きな努力の結晶なのである。